担保権がついた相続不動産の名義変更手続きの相談事例/練馬・名義変更

Aさん(会社員)には、父甲・母B・姉Cがいました。

Aさんは、父甲さんが亡くなってから数年が経ったところで、母Bさん姉Cさんと話し合い、自宅をAさん一人の名義にすることにしました。

そこで、名義変更をするために、当事務所に相談をしにご来所いただき、そこで不動産の登記事項証明書を確認したところ、ずいぶん古い担保権が付いていることがわかりました。

それは父甲さんが生前に返済してあるはずなのでAさんはその権利者になっている会社に確認したところ、思ったとおり父甲さんの生前に完済されていることがわかりました。

Aさんはその担保権を抹消登記するための書類が見当たらないので、その旨を担保権の権利者になっている会社に伝えたところ、抹消登記をするための書類を送ってもらいました。

また、父甲さんが亡くなってから数年経っていたため、不動産の名義変更について必要な書類の一部を取ることができませんでしたが、別の方法でなんとか、担保権の抹消登記と併せて、名義変更の手続きをすることができました。

 


 

  • TOPへ戻る