賃借権がある不動産の相続手続きの相談事例/杉並・相続登記

相談内容と解決方法

Aさん(会社員)には、父甲・母B・姉C・姪D(姉Cの子)がいました。

甲さんが亡くなってから、甲さん所有の土地が国道の用地収用にあたるとのことで、その契約関係等をCさんがその手続きを進めていました。

さらに、その収用になる土地には賃借権の登記もされていたため、相続登記と賃借権の抹消登記をする必要がありました。

ところが、収用の手続きを進めていたCさんが急に体調を崩され、そのまま亡くなってしまいました。

Cさんは結婚後すでに離婚し、相続人はDさんのみでした。

甲さんが亡くなった後にCさんが亡くなったため、2度の相続登記をする必要がありました。

Cさんが亡くなった後はAさんが収用の手続きを進め、相続税の関係もあり税理士と連携を取りながら土地の相続分を決めた後、無事に手続きを終えました。

 


 

  • TOPへ戻る