遠方の土地を相続したが、名義が祖父のままだったケース/荻窪

遠方の土地を相続したが、名義が祖父のままだったケース

 

状況

 大阪市にお住まいの父が亡くなったという事で、荻窪にお住まいの男性から相続に関するご相談をいただきました。

 

亡くなった父が保有していた土地の中に祖父名義のままになっていた山林があったということで、父についての相続を行うのに合わせて自分の名義に変更したいとのことでした。

 

当事務所からの提案&お手伝い

まず叔父と父の関係と父の財産を調査しました。

 

調査をした結果、父が祖父の家督相続をしていたということが戸籍への記載によって判明しました。父が祖父から家督相続をしていたということで、父の兄弟姉妹と遺産分割協議をする必要はなくなり、相談者と相談者の兄弟姉妹での遺産分割協議のみすればよい旨の提案をしました。

 

結果

相談者と相談者の兄弟姉妹で協議ができ、これによって、祖父の名義になっていた土地を無事に相談者の名義に変更することができました。

 


 

  • TOPへ戻る