納税資金が足りないケース(現金化して相続税を納税)


相続税が発生する場合は、原則として現金で一括払いでの納税が義務付けられています。
そのため、相続財産が不動産や株式中心の場合、換金しなければ相続税を支払えないことも珍しくありません。

相続税は相続発生後10ヶ月以内に納付する必要があり、それ以降は延滞税を納めなければならなくなってしまいます。

物納という方法もありますが、最近の税務署の傾向としては、物納を認めない傾向にあります。

そのため、相続財産が不動産中心で相続税を現金で納付することが難しい場合は、不動産を売却して現金化することが有効です。

ただし、売却までには測量・販売活動・所有権移転の登記など、何かと時間がかかります。
相続税の納税期限に間に合うように、早めに売り出すことをお勧めします。

なお、相続不動産を売却するためには、遺産分割協議など各種相続手続きを済ませなくてはなりませんので、相続手続きを行う前に不動産会社に相談しても売却することができません。

当事務所からお客様へ

相続のお悩みは、法律の専門家に相談することによって解決できるものが数多くあります。

当事務所は、杉並区で相続のお悩み解決実績が豊富で、初回無料相談も実施しております。

 

相続不動産の売却をご検討の方は、まずは当事務所にご相談ください。

 


 

  • TOPへ戻る