遺言がある場合の不動産の相続手続き/荻窪・遺言

相談内容と解決方法

Aさんには子どもがおらず、ご主人Bさんが亡くなりました。
Bさんには母Cさんがいます。

Bさんは遺言書を残しており、その遺言書には「私Bが死亡した場合、私の財産すべてを妻Aに譲るものとする。」とありました。

Cさんからは弁護士を通してAさんに遺留分減殺請求がありましたが、遺言書が残っていたこともあり、Aさんの自宅は問題なくAさんの名義に変更する手続きをすることができました。

自宅の名義変更が終わる頃には、Cさんからの遺留分減殺請求についても終了する目処が立っていたので、名義変更した後の書類をお渡しする頃には大変安心したご様子でした。

 


 

  • TOPへ戻る