疎遠だった兄弟が亡くなり、相続放棄をしたケース/杉並

疎遠だった兄弟が亡くなり、相続放棄をしたケース

 

状況

遠方に住んでおり、10年以上連絡を取っていなかった長男が亡くなったということで、杉並区にお住まいの男性からご相談がありました。

 

詳しくお話を聞いていくと長男には借金があったとのことで、早急に借金を放棄したいとのことでした。

 

当事務所からの提案&お手伝い

亡くなった長男の家族構成を相談者にヒアリングしたところ、結婚したことがなく生涯独身だったとのことで、まず状況を確認するために亡くなった長男の家に行き、借金の督促状や、銀行カードを探すことを提案しました。

 

結果

実際に長男が住んでいたマンションに相談者と一緒に行き、調査を行ったところ、借金の督促状や、銀行カードを発見することができました。

これを用いて、相続人全員が相続放棄の手続きを家庭裁判所にて行い、無事完了することができました。

 


 

  • TOPへ戻る