相続不動産の名義変更手続きサービス 40,000円~

相続登記

不動産の相続に関して、以下のようなことにお悩みではありませんか?

「忙しくて市役所や法務局に行く時間がない」
「遺産相続した「土地」や「建物」の名義変更をどうすればいいか分からない」
「相続登記はいつまでにしなくてはならないのか分からない」
「相続登記にはどんな書類を準備すればいい?」
「土地の名義変更の際に、相続人の中に行方不明者がいて手続きが分からない」
「生前贈与により取得した不動産の名義変更を行いたい」
「不動産の売買により、住宅やマンションの名義変更をしたい」
「専門家に依頼すると費用が高そう」

 

上記のようなお悩みをお持ちのお客様のために、杉並・荻窪相続遺言相談所では、
相続不動産の名義変更(相続登記)でお困りのお客様の相続のお悩みにお答えします。

相続登記とは?

相続が開始されたら、被相続人名義の不動産登記記録を相続人名義に変える手続きをする必要があります。

不動産名義を変更しないと、自分の権利を主張できないトラブルになることがありますので、できるだけ速やかに行ってください。

当事務所では、「忙しくて相続登記の手続きをしている時間がない」「不動産の名義変更は複雑で分からない」といった相続人の方に代わり、相続登記の手続きを代行しております。

当事務所では、相続登記に必要な「戸籍の収集」や「遺産分割協議書の作成」、「相続登記申請」などを代行いたします。

相続登記とは?詳しくはこちら>>

相続不動産の名義変更(相続登記)に関する無料相談実施中

image_soudan01

相続手続きや遺言書作成、成年後見など相続に関わるご相談は当事務所にお任せください。

当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは(044-952-9550)になります。
お気軽にご相談ください。

当事務所が相続手続きで選ばれる6つの理由

明瞭でリーズナブルな料金体系!
・通算100件以上の豊富な相談実績!
・専門家による初回無料相談、出張相談もOK!
荻窪駅から徒歩8分の好アクセス!
・地域密着型事務所ならではのスピーディで柔軟な対応!
税理士や弁護士と提携し、幅広い相続問題に対応!

相続手続き各プラン詳細

相続手続おまかせパッケージ 相続登記4万円~

項目 相続登記のみ
プラン
相続登記節約
プラン
 初回のご相談(30分)

相続登記
(1相続)
(申請・回収含)
※1、2

相続関係説明図
(家系図)作成
(1通)※3
×
遺産分割協議書作成
(不動産) (1通)
× ×
被相続人の出生から
死亡までの戸籍収集
※4
×
相続人全員分の戸籍収集
※4
× ×
収集した戸籍の
チェック業務
評価証明書 × ×
不動産登記簿謄本
(5物件まで) ※5
預金口座名義変更
※6
× ×

通常合計金額

78,000
パック割引 10%OFF

 パック特別料金

40,000円~ 70,000円~

※1 相続登記料金は、自宅以外の不動産をお持ちの場合や複数の相続が
   発生している場合には、追加料金をいただきます。
※2 不動産の数、評価額により、料金に変更が生ずる場合がございます。
※3 相続関係説明図(家系図)のお客様へのお渡しは、
   相続登記まるごとお任せプラン以上での対応となります。
※4 戸籍収集は3通までとなります。以降1通につき3,000円頂戴致します。
※5 不動産登記簿謄本取得は5通までとなります。以降1通につき1,000円頂戴致します。
※6 預金口座名義変更は2口座までの金額になります。
   以降1口座追加につき30,000円頂戴致します。

当事務所でよくご覧いただいている解決事例をご紹介

状況

荻窪にお住まいの男性の方から不動産の名義変更を行いたいということで相談を受けました。

名義変更を行いたい不動産は2年前に亡くなった父名義の自宅で、亡くなった際の相続時に自宅だけは名義変更は行わずにそのままにしていたということでした。

相続人は依頼者の長男の他に次男と長女の合計3人がおり、既に自宅を売却し、売却した際に得られるお金を3人で分割するということで話が進んでいましたが、名義変更をしていないことがわかり、当事務所に相談にいらっしゃったとのことでした。

 

当事務所からのサポート内容

既に自宅を売却する事、売却した際のお金を3人で分割することが決まっていましたので、名義変更時の名義と権利を3人で分割した方がいいということを提案しました。

 

結果

無事に名義変更が終わり、売却まで行うことができたとのことでした。
今回のように名義が既に亡くなっている方の不動産を売却する場合は、売却前に相続登記をし、名義変更を行う必要があります。

また今回は既に相続人同士で売却からお金の分割まで決まっていましたが、亡くなってからしばらく経った後に名義変更を行う場合、その間に相続人が増えているケースが多く、遠方に行ってしまうなど収集がつかなくなることが多くあります。

また名義変更を自身で行う場合、そろえる必要がある書類が多く、時間がかかってしまうケースがほとんどです。

必要な書類一式についてはこちら>>

その他の相続登記に関する解決事例はこちら

【相続登記】親から相続した土地に借地であったケース/練馬

【相続登記】賃借権がある不動産の相続手続きの相談事例/杉並

【相続登記】遠方に住んでいる相続人と名義変更を行ったケース/杉並

【相続登記】売却のために不動産の名義変更を行ったケース/荻窪

【相続登記】何代にもわたって土地の相続登記をせずに放置していたケース/杉並

 


 

  • TOPへ戻る